土地の名義変更を行う前に登記申請書に必要な書類を

土地の名義変更と登記申請書

土地の名義変更を行うに当たって、遺産分割協議を行い全員が了承しましたら、遺産分割協議書を書きます。

注意しなければいけない点が2点ありました。

相続すべき人が全員で協議を行ったと言うことを記載すること、土地に関しては登記事項証明書を書き写すことです。

この2つにミスがないよう気をつけましょう。

それでは、相続登記について述べます。

相続登記には、必要な書類があります。

全て並べますとこうなります。

亡くなられた方の戸籍謄本、亡くなられた方の住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の住民票、不動産の固定資産評価証明書、不動産の全部事項証明書、そして先ほどお話ししました自分たちで作りあげる遺産分割協議書です。

これら全てが必要となってきます。

集めるのが大変なのは、亡くなられた方の戸籍謄本です。

これは、出生から死亡までの全てが必要となってきます。

戸籍謄本は、違う市町村にあることほとんどなのです。

まずは、市役所へいき、戸籍に関する相談コーナーで相談してみるのが良いでしょう。

不動産関係は、どこの法務局でももらうことが出来ますので、これは安心です。

Facebook Twitter Google+ はてなBookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加